あの食材を炒めてみたら…?『カポプラーパットヘーン』

P1060880カポプラーパットヘーン.jpg

กระเพาะปลาผัดแห้ง カポプラーパットヘーン
魚の浮袋の炒めもの
トンローの屋台街で見つけた一品。カポプラーというのは、以前も紹介したけど魚の浮袋のこと。タイではあんかけスープみたいな形で売られていて、屋台でも非常によく見かけるお料理。
でも、このお店は(タイの屋台だけど)中華料理のお店?なのか、ちょっと変わっていてあんかけ形式のカポプラーの他に炒めものもやっていた。そんなわけで注文してみたのが上の写真。

P1060036.jpg
こちらは以前紹介したカポプラー。一般的なとろっとしたあんかけスープのやつ。

なんだか器も金属製で特別な感じ。果たしてどんなお味なのか、と食べてみると…。 
!!炒めものなのに、あんかけスープとほぼ同じ味やで!う〜ん、ある意味予想外。
これが、魚の胃袋のダシの力ってとこなのかな〜??
トンロー行ける人は、ぜひ注文してみてね。価格は確か、70バーツぐらいでした。(たぶん、ヤワラート辺りでも売ってると思います。)
次回は 8月25日ごろ掲載の予定です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA