【京都のタイ料理屋】京都タワー地下のフードホールはバンコクっぽい!? タイ料理屋もあるので食べてきた。

タイのおつまみセット

一等地にある割にはいまいち垢抜けないスポットとして有名だった京都タワー。そんな京都タワーが大幅にリニューアルしたのが2017年。
スタバが拡張され、商業施設部分が「KYOTO SANDO」という名前になってぐぐっと都会的になったのだ。

特に、地下のフードホールは今まで京都になかった雰囲気で、個人的には気に入っている。
なんというか…最近のバンコクのフードコートになんとなく似ているような気がするのは僕だけだろうか。

暗めの照明。ちょっとお店の配置がわかりづらくおきゃくのほうが「探索」しなきゃいけないような感じ。
エスカレーターのすぐ横に食事席があったりする行き当たりばったりな感じ。落ち着かないテーブルと椅子。

雑然としているようにも感じるんだけれどデザイン的にきっちりまとまっていてお洒落で都会的。
「レインヒルか!」「ザ・コモンズか!」と言いたい。しかし悲しいかな、このツッコミを理解できる人はかなり限られているだろう。

そんなわけで「ここにタイ料理屋ができたらいいのになあ。」なんて思っていた矢先、新しくタイ料理屋ができたという情報をゲット。それが「タイベトキッチン レモングラス」というお店だった。

正確にはタイ料理専門店ではなく、タイ料理とベトナム料理2本立てのお店なんだけどね。
だけど、京都市内に支店が4店舗もあり、今京都で一番勢いのあるタイ料理屋「タイキッチン パクチー」の姉妹店だと聞けば、放ってはいられない。

実家に帰りがてら寄り道して、食べてきた!


到着!お店の雰囲気はこんな感じ。フードホール(フードコート)なのでお店自体は非常にコンパクト。

写真の右側でメニューを見ながら注文して、お金を払って待ってたら番号を呼ばれ取りに行くという日本では全国どこにでもあるシステムだ。

タイにいるときのクセで?「クーポンはどこで買うんだろ?」と思ってしまうけど、ここは日本なのでクーポンシステムはない。…まあ、当たり前か。


「タイベトキッチン」という名前の通り、メニューはベトナム料理とタイ料理の2種類。料理の種類は正直あまり多くない。お店のスペースの都合上、作れるメニューはかなり限られていそうな感じだ。
しかしながらメニューは比較的ポピュラーなものがきちんと揃っている。特にこのお店はビールとおつまみがかなり充実している気がする。
この京都タワーのフードホールは京都では珍しく夜11時までお店が開いている。なのでお酒メニューに重点を置いているのだろう。


上のメニューを見ても分かるとおり、アジアのビールが大充実!
ビアシン・ビアチャーンといったタイのビールはもちろん、ベトナムの333やラオスのビアラオまである。自分はお酒飲まないので注文しなかったが、友人はラオスのビアラオを注文していたよ。


ご飯ものもあったので注文してみた。こちらはガパオライス。
うーん、目玉焼きは半熟のほうが好みなんだけどな。注文前にリクエストしてみれば良かったかな?


日本のガパオライスなので、タイで売っているものと比べるとガパオの量はやや少なめ。
それでも十分ガパオの香りは感じられたよ!

辛さは控えめだけど、調味料を入れることによって辛さは調節できる。


そして、もうひとつ注文したのがこちら!「タイのおつまみセット」。

揚げ物とサテ、生春巻きと海老せんがのっており大充実。

ちなみに「生春巻き」は「ポピアソッド」ではなく、タイでいうところの「クイッティアウルイスワン」にやや近い感じ。


「タイのおつまみ」の中には「グリーンカレーコロッケ」なるものもあった。
見た目は普通のコロッケかな?


中を見てみると、お芋のコロッケにグリーンカレーペーストを混ぜ込んであった。グリーンカレー風味のコロッケ。ちょっと新しいかも!


ムーサテはあらかじめピーナッツソースのタレがかけてあった。

以上! きょうとで勢いのあるタイ料理屋の姉妹店なだけあって、カジュアルながらもしっかりしたタイ料理が楽しめる、いいお店だった。

でもまあ、どちらかというとお酒のおつまみ的なものがメインなので、「晩ご飯食べちゃったけど、どこかでお酒でも飲みながら軽くつままない?」なんてときにピッタリのお店だと感じた。

…閉店まで飲んだら、そのあとみんなどうするんだろ? 夜10時以降の京都駅周辺は娯楽が少ない…。自分だったら自宅に帰って爆睡だな!

お店の場所と地図

店名:タイベトキッチン レモングラス
営業時間:11:00~23:00
京都タワー地下一階 フードホール内

The following two tabs change content below.
『街かどタイ料理』管理人MSD
2011年、タイ在住の頃にブログを開設。現在は日本に帰国し九州地方に生息中。(実家は京都なので、京都のタイ料理屋を巡るのも趣味。)現在も年に1回はタイに遊びに行き、美味しいものを食べ歩いている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)