ポリポリ!屋台で食べる『ヤムプラードゥックフー』

Clip #18 1.jpg

ยำปลาดุกฟู ヤムプラードゥックフー
ナマズのカリカリ揚げのヤム
日本のタイ料理屋でもたまに見かけるこの料理。
ナマズを使ったお料理だけど、焼いたナマズをほぐして叩いて揚げて…と、かなり手間暇かけて調理することで、徹底的に生臭さが取り除かれている。
「フー」というのは膨らんだ、とか膨張した、とかいう意味で、焼いたナマズほぐして叩いて油で揚げて、ブワッと膨らんだ状態にするのでこの名前がついている。

Clip #17 2.jpg

レストランで食べることが多いけど、屋台で見かけたとき撮った写真がコレ。ヤムプラードゥックフーってあまり食べたことなかったので、思わず頼んでしまった次第。

Clip #17 1.jpg

調味料をザクザクっと入れて基本の味付け。プラードゥックフーは既に出来上がっていて、ビニール袋に詰められている。注文したらそれを取り出して、一気に混ぜ混ぜしてくれた。

Clip #17 3.jpg

ナマズのカリカリと調味料がいい感じに混ざってきたらマンゴーを投入!青マンゴーの酸味が、この料理の大切なアクセントになる。

Clip #17 4.jpg

またしばらく混ぜて味を馴染ませたら…完成!

Clip #18 2.jpg

できあがり!
食べてみた感じ、高級店のヤムプラードゥックフーと比べると、ナマズのポリポリした食感が強い。
レストランで食べるのは、これよりもうちょいサクサクした食感だと思う。繊細さよりも刺激的な食感っていうのがいかにも屋台って感じがしていて良い。
考えてみたら、この料理って「肉をミンチになるまで叩いて潰して、臭みを抜いて、」「ポリポリの食感を楽しんで、」「甘みと酸味がアクセントになっている」っていう、3拍子揃った実にタイ料理らしい料理だな〜。
あーまた食べたくなってきた! (^^


久しぶりに、FoodTravel.tvの作り方動画をリンクしてみた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA