マイナーなタイ野菜を何気に発見!『ゲーンソムファックマルン』

P1020082.jpg

ゲーンソムファックマルン แกงส้มฝักมะรุม
夜の屋台で何気に売られていたマイナーな食材。
昼の屋台はラーンカオケーンといって、並んだ食材を選んだらご飯の上にぶっかけてくれるぶっかけ飯屋台があるけれど、夜の屋台は持ち帰り専用のお店を見かけることが多い。このお店もそういうお店だったけど、裏手にちょこっとだけテーブルと椅子があって、その場でも食べられるようになっていた。
そこで食材を2種類選んで、ご飯にぶっかけてもらった。そのうちの一つが「ゲーンソムパックマルン」だった。

P1020098.jpg

見た目はトゥアファックヤーウ(さざげ)にちょっと似ているけど、さやが固くてそのままでは食べられない!

P1020108.jpg

そこで、こんなふうにスプーンとフォークを使って、中身をこそげ取って食べなければならないのだ!!
うーん、正直、ちょっとめんどくさい。それでもこういうヒトクセある食材でも、なんとなく残っていて市場で売っているのが、タイのいいところ。

P1020104.jpg

味はグリーンピースに似ているけど、煮込んだらもうちょいトロッとなる感じ。トロッとなった部分の味はナスに近いかな?
ゲーンソムとの相性が良いみたいで、ネットで調べて出てきた画像もだいたいゲーンソムにしたものだった。
なかなか食べられない味を食べることができて、満足した一品だった!(^o^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA