豚のおっぱいはゴムゴム食感『プワンノムヤーン』

P1040622 (1).jpg

พวงนมย่าง プワンノムヤーン
豚の乳房の炙り焼き
イサーン料理屋で頼むもの…といえばコームーヤーンとかナムトックとかが多いけど、ちょっと大きめのお店だと豚のいろいろな部位の炙り焼きを取り揃えているお店が結構ある。
韓国の焼肉とは、また違ったお肉の部位を扱っているのが面白い。
そんな中で、ちょっと変わった部位を、と思い注文してみたのがこちら。

P104062211.jpg

どどんと!出てきたのは、「プワンノムヤーン」。「プワン」っていうのは房という意味。
ノムはミルクなので、「乳房の炙り焼き」という名前。豚のおっぱいやね!

P1040628-(1).jpg

ほんのりピンクのお肉が美味しそう。モムっと食べてみると、火は通っていて味は美味しい。
でも。。。ちょっとお肉がゴムゴムしているなあ〜 (^^ 噛み切るのが大変だ。
たまたまお肉が硬かった、というわけではなくプワンノムというのはこういうものらしい。
ゴムっと硬いお肉を楽しむものなのだろう。
味はいいので、酒でも飲みながらゆっくりチビチビやりたい人には、酒の肴として向いているかもしんない。

P10406321.jpg

このお店は、料理を頼むとがっつり生野菜がついてきた。
昔は生野菜がすごく安かったから、頼まなくてもワッサワッサ野菜を持ってきてくれるお店が多かったけど、最近はイサーン料理屋でもちょびっとしか野菜がついてこない…。あるいは、わざわざ頼まないと持ってきてくれない。
イサーン料理は生野菜ポリポリ食べつつ料理を注文したいなーと思うんだけどねえ〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA