シンガポールのメニューがタイではこうなった…!『マタバ』

Clip #21.jpg

มะตะบะ マタバ
イスラム風カレー入りローティー
昔、シンガポール旅行に行ったとき、気にいった料理がひとつあった。その名は「ムルタバ」。
ムルタバはいろんな具が入ったロティーにカレーソースをかけて食べる料理だけど、タイには明らかに「ムルタバがタイに伝わってできたんだろうな~」と思える料理がある。それがマタバ。
ちょこっと作り方を見てみると…

IMG_2557.JPG

生地をこねて伸ばすのはローティーとおなじ。

IMG_2558.JPG

その後ローティーの生地を焼いて、具をのせて…

IMG_2559.JPG

折りたたんだら完成!!

Clip #22.jpg

中にはカレー風味の鶏肉ミンチと野菜の具が。タイのマタバは具も生地もボリュームが控えめで、あくまでも間食の位置づけ。それに対してシンガポールのムルタバはそれだけで昼飯ぐらいにはなりそうな感じ。

Clip #21 2.jpg

そして、なにより違うのは、カレーをかけないであま~くてすっぱいキュウリの風味が効いたアーチャード(อาจาด )というタレをつけて食べることだ~!!
正直、これがちょっとニガテで…カレーかけて食べたい…。
タイ人はカレー粉を「クサイ」と感じる人が結構いるみたいで、こっちのほうが口に合うみたい。(タイ料理でカレー粉使うものは、大抵カレー「風味」であって、ガッツリ「カレー味」がするものってあまりない。)
マタバを扱ってるお店って、数あるローティーのお店の中でも「本格的」な感じ。マタバってそんなにみんな頼むわけじゃないけど準備や仕入れの手間暇はかかるので、小さいお店だと扱ってないことが多い。マタバがメニューにあるお店は、手間暇を惜しまない店なので、ローティーも美味しいはず!! いろいろ買って食べてみたらいいと思う~(^ ^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA