まさに自由!オイシラーメンのメニューに脱帽『ラーメンガパオクローブ』

IMG_2079 のコピー.jpg

โออิชิราเมน ราเมนกะเพรากรอบ オイシラーメン ラーメンガパオグローブ
カリカリガパオラーメン
最近のタイの外食産業は日本企業の進出がスゴイ。吉野家がタイに復帰したと思って喜んでいたら、あれよあれよという間に有名どころのレストラン・カレー屋・ラーメンチェーンなどが次々進出。「ばんからラーメン」「ゴーゴーカレー」「京ロール」などなど、有名どころからマイナーどころまで、いろーんなお店がバンコクに集結中。こんなに出店ラッシュが続けばいつかは日本料理自体が飽きられちゃうんじゃないかと思うんだけど、(その徴候はある)新しいショッピングモールができるたびに「あの◯◯がタイ初上陸!」なんてニュースを聞く今日このごろである。
しかしながら、タイの日本料理屋は日本の会社だけじゃない。タイ資本の日本料理やだってあるし、まだまだ元気である。その代表がたぶん「オイシ」グループだと思うんだけど、今回はふらっと「オイシラーメン」に立ち寄ってみた。

chiang-mai-oishi-ramen-the-noodle-bar-@central-airport-plaza-5459.jpg

このラーメン屋、メニューが実に「自由」なんである。最近見かけたのは…トムヤムぎょうざラーメン…。それから、…あさりチリソースラーメン…ほかには…てんぷらラーメン… なんかどれも地雷そう。頼むのを躊躇してしまうメニューが多い。。。しかもこのラーメン屋、はっきり言ってスープの「出汁」の味がしない。たぶん、日本のラーメン屋と比べて、かなり薄い出汁を使っているんだと思う。以前に比べると、だいぶ良くなったとは思うんだけど…。タイ人資本の店だと、何故かこうなっちゃうお店が結構多い…。
でもまあ、タイらしいメニューが多いので気になるといえば気になる。ひとくち食べると、「うーん…」となるんだけど、要はスープの味自体が濃いメニューならまだ食べられる。というわけで選んで食べたのが、この「ラーメンガパオグローブ」。スープ麺というより、和え麺になっているのでより食べやすい。(でもなんかやっぱり、若干一味足りない感じがする…。)

Clip #20.jpg

上のiPhoneで撮った写真のほうが、なんかおいしそうだな〜。
上に乗っかっている具材は完全にタイ料理なので、間違いがない味。ガパオは一度素揚げしてあるので、パリパリした食感。ラーメンと一緒に食べても、違和感がない組み合わせだ。っていうかガパオを和え麺にしようという発想はなかなかスゴイと思う。
惜しい、惜しいよオイシ… 発想が自由な点はいいのだ。あとはもうちょっと日本人好みの味付けになってくれたまえ…
次回は11月14日ごろ掲載したいな〜と思っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA