人気のサーモンを使った料理『ヤムプラーサーモンソッド』

P1060990ยำปลาแซลมอนสด.jpg

ยำปลาแซลมอนสด ヤムプラーサーモンソッド
生サーモンのヤム
近所のステーキ屋でみつけた料理。タイのステーキ屋はピンからキリまであるけど、こちらは1番チープなお店(一皿65バーツくらい)より、もうちょびっとだけグレードの高い80〜150バーツ前後のお店。
ヤム、って言えばタイの伝統的な料理だけど、サーモンというちょっと今風な魚と合わせているのが面白いな、と思い注文してみた。
タイでサーモンがよく食べられるようになったのは、多分日本料理が浸透してきてからだと思う。寿司屋から始まって、最近ではその他いろんなお店で使われるようになった。でも、やっぱり日本料理屋でみかけることが多い。タイの日本料理屋では「サーモンの照り焼き」とか「サーモン丼」とか、日本人から見ると「?」なラインナップが結構ある。
で、この料理…。食べてみたら…うーんサーモンは生だとムニムニしてて、意外と噛みきれないね。味付けがかなり濃く、かなり甘口で、酸味が強く、塩味が効いていて辛い。(全部やん!)それになにより、大量の生ニンニク!
でも、決してまずかったわけじゃない。かなり涙が出たけどもちろん全部完食★
ごちそうさまでした。(^^


↑これは、ヤムに似ているけど生の魚や牛肉を和えて作る「プラー(พล่า)」という料理。(「魚」の意味を表す「プラー」は「ปลา」なので発音が違う)今回食べた料理と似ているので、リンクしておきます。
次の更新は9月26日頃の予定です!!

1 個のコメント

  • 鮭は日本国内で一番消費されてる魚と聞いたことがあります。これからはタイでもどんどん食べられていくんでしょうな。主

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA