西洋料理かと思ったらイサーン料理だった!?『カイガタ』

P1060961.jpg

ไข่กะทะ カイガタ
鉄鍋卵焼き
タイの朝食の定番…といえば、パートンコーとか豆乳とか、もしくはいきなり重くて餅米とムーピン(豚の串焼き)とかだけど、こういうのもある。鉄鍋に卵を入れて、ソーセージ等と一緒に焼いたもの。カイガタと言う。
マギーソース(日本の醤油とソースを足して2で割ったような味。ステーキとかにかけて食べる)やケチャップをふりかけて食べるのが定番だし、食パンがついてきたりするので、てっきり西洋の朝食を真似たものだと思っていたのだけど、これなんとイサーン料理らしい。
…正確に言うと、ベトナム由来を意味する「ユワン」と呼ばれる料理の一派で、ウドンターニー県から伝わった料理。西洋→ベトナム→ウドン→一般のタイと伝わってきたらしい。伝言ゲームみたいな料理だ…。
なので、本場ベトナムにホントにこんな料理があるのかはわからない。タイ国内で食べる「ベトナム料理」って、本場ベトナムのそれとかなり違うような… 日本の中華と中国の中華みたいな関係かも。
考えてみれば、この写真とったのもベトナム料理の看板掲げてるお店だった。だからかなり正統派なたたずまい。毎日こんな朝食が食べられたらいいなあ…。


毎度おなじみ、Foodtravel.tvの作り方動画もリンクしておきました。
次回は9月16日ごろ更新の予定です!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA