鉄鍋ジュージューおいしそう。 『スキーガタ』

P1060803スキガタ.jpg

สุกีกระทะ  スキガタ
鉄鍋スキ
カオサン通りの隣の通り、ラームブットリー通りにあるセブンイレブン。ここの前に出るお粥屋台は美味しいことで評判なんだけど、その隣にちょっとおもしろい形でスキを出す屋台がある。
「スキ・ガタ」と銘打っている。普通スキといえば、ヘーン(汁無し)であればお皿に、ナーム(汁あり)であればラーメンの器に入って出てくるものだけど、ここのスキは上の写真のように熱々の鉄鍋に盛られて出てくるのだ。
なんのことはない、お皿の代わりに鉄鍋を使っているだけなんだけれど、ジュージュー音を立てて出てくる料理はタイにあんまりないし、食欲をそそる。なかなか工夫しているな〜と思った。工夫している分仕事に手抜かりも無いので、料理自体も当然おいしい。やっぱ繁盛している店にはそれなりの理由があるんだなあ。

IMG_0139.jpg

こちらは普通のお店の「スキ」。写真はスキ・ヘーン(汁無しバージョン)
「スキ」とは、鍋料理の一種。日本のすき焼きに名前は似ているけど、全然違う料理といっていい。
鍋料理なんだけど、屋台で食べるときにはお皿で一品料理としてサーブされる。
タイ語のウィキペディアには「『スキ』とは「タイで非常によく知られる日本と中国の料理」と書かれている。
ち、中国?その後には海南風、広東風、四川風、桂林風、潮州風の「スキ」が紹介されている。
スキってそんなにあんの?? Σ(´∀`;)  「スキ」のタレにはよく中国の腐乳が使われるけど、Wikiによるとそれは海南風で、上のスキ・ヘーンの写真にある甘辛く腐乳の香りがあんまりしないタイプのタレは広東風らしい。 う〜ん、ホンマかいな…。どうも火鍋と混同されてるようだけど、火鍋とも全然違うような…。
ちなみに↓が腐乳を使ったスキのたれの作り方。


こっちが今回紹介した、スキ・ヘーンの作り方。タレに腐乳は使っていないみたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA