タイ料理パスタ化計画!?「I am Thai PASTA」で『スパゲッティーラープ』を食べた


สปาเก็ตตี้ลาบหมูใส่ไข่ スパゲティーラープムー サイカイ
スパゲッティーラープ味豚肉入り 温玉乗せ

いや〜小麦粉というのは偉大やね。これ一つでどんだけ食のバリエーションがあるのだろう。
うどん、お好み焼き、肉まん…。 グラタンコロッケバーガーなんてほぼ小麦粉じゃないか。

自慢じゃないけど、自分は炭水化物大好きっ子。タイに行っても、食べたくなるのは、ハンバーガーやパスタだったりする。

いやいや!こんだけブログに写真載っけてるんだから、タイ料理ばかり食ってるんでしょう!と言われそうだけど、タイ料理を食べる合間にしっかり洋食も食べてたりする。(日本料理はさすがに食べないな〜。日本で食べるのと同じくらい美味しいお店は日本より高いし。)

で、バンコクにいるのに急にパスタが食べたくなったとき…「そうだ!タイ風パスタを食べてみよう!」と思い立ったのだ。
日本にも「明太スパ」とか「海苔と梅のパスタ」みたいな、いわゆる和風パスタってあるよね。

タイだって、同じようなノリで作った「泰風パスタ」があるのだ!


で、行って見たのがここ。「I am Thai PASTA」という、其の物ズバリな名前のお店。
サイアム駅に隣接している「サイアムスクエア・ワン」のレストランゾーンにあるよ。


店頭にはこのように、スパゲッティ+タイ料理のレパートがずらり。ガパオ味のスパゲッティーとか、グリーンカレーのスパゲッティーも気になるね。

いわゆる「温玉入り」も選ぶことができて、「ONSENーEGG(Soft boiled egg)」として紹介されている。うーん、「温泉卵」って、世界共通の言葉になりつつあるのかな?でも、「温玉」って「温泉卵」の略なんだっけ?

熟考の末? 一番最初に書かれているメニューが看板メニューなのだろうと思い、ラープ味のスパゲッティーを注文。
もちろん温玉入りにしてみた。

温玉を入れると、+20バーツになるみたい。


そして、来たのがこちら!いや〜流石! 美味しそうな盛り付け!ちょっと高級な感じがするね。
ところで、このお皿のフチがやたら広いお皿…タイのパスタ屋でやたらよく使われているように思うんだけど、気のせいかな?
おしゃれな感じはするけど、目の錯覚なのか、パスタの分量がすごく少なく見えるんだよね…。


でもまあ、タイでは一人前の分量がやたら少ないのはよくあることなので、あまり気にしない。
パクッと食べてみると…うん、ラープ!
普段はご飯と一緒に食べるラープは、パスタと一緒に食べても合う!ということが実証された瞬間やね。(^^


温玉と一緒に混ぜて食べると味わいはまろやかに。
このお店、一皿の辛さが選べるので、一番辛くして食べていた。タイ現地のお店で「一番辛い」のを注文したわけだから…当然辛い。
温玉と混ぜて食べたら、ちょうどいい味わいになった!

店名      : I am Thai PASTA
この料理のレア度: <この店のオリジナル料理>
お店の場所   : サイアムスクエア・ワン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA