クレット島の特産品を使った珍しい一品『トートマンノーガラー』

P1040599.jpg

ทอดมันหน่อกะลา トートマンノーガラー
ノーガラーという野菜のさつま揚げ
バンコクから小一時間ぐらいで行けるお散歩にぴったりな場所、クレット島。
そこにはたくさんの名物があるんだけど、何気無さすぎて気づかなそうな一品を見つけた。

P1040508.jpg

それがこれ。見慣れない名前。「ノーガラー」という野菜のようだ。
ぱっと見い、ちょっと太めのネギかな?それともタクライ(ตะไคร้レモングラス)?
気にも留めないまま通り過ぎてしまいそうだけど、これはどうやらクレット島の特産野菜らしい。

P1040595.jpg

野菜を売っているだけじゃなく、それをあげてトートマンにして売っていたので買ってみた。
これも、クレット島の名物ということになるよね。

P1040605.jpg

ひとつぶひとつぶが小さいけど、なぜかどのお店もこのサイズだった。
パクッと食べてみると…。ノーガラーの食感は以外と柔らかく、セロリみたいな感じ。でもミョウガのような生姜のような、独特の芳香がある。
後で調べてみたら、ノーガラーはやっぱり生姜科の植物で、日本では小笠原諸島に生えている「チクリンカ」という植物の近縁種のようだ。何気ないけど結構珍しい野菜。 
なぜかトートマンばかり売っていたけれど、他にも美味しい食べ方があるのかなあ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA