地元でキンジェー飯を食す!その2『パッカナージェー』と『トムカージェー』

菜食週間は明日(日曜日)まで。昨日も前回と同じ店でジェー料理を食べた。

Clip #5.jpg

今回頼んだのはこれ。普段は「カナームークローブ」と「トムカーガイ」になるんだろうけど、ジェーなのでもちろん肉は使っていない。

Clip #5 3.jpg

カナーのほうには、大豆由来のまるい食材が。単なるお揚げさんのようにも見えるけど、食感は硬めで、噛みごたえがある。ムークローブに近い食感と言えなくもない。

Clip #5 2.jpg

こっち側がトムカ―。
トムカーは日本のタイ料理屋だときちんとスープ鍋などに入ってグツグツ言いながら出てくることが多いけど、タイではこういうふうに汁っけの多いお惣菜として売られていることが多い。トムヤムもご飯にかけて食べるのが普通。京都でいうところの「野菜の炊いたん」とかに近い位置づけだ。
トムカ―ジェーにもお揚げさんが入る。こっちのはお揚げさんが茶色く色付く前にとりだしたような感じ。鶏肉の代わりになっている。見た目は確かに鶏肉っぽいかも。
味は…うーん、今回はいつもより、なんだかちょっと味が薄かった。でも卓上の醤油を垂らして食べると、バッチグー!!ちょうどいいお味になったのでした(^^
菜食期間中は随時更新します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA