絶妙のコラボ 『カウパットトムヤム』

50f82c7a77205709c1b6bd29.jpg

ข้าวผัดต้มยำ カウパットトムヤム
トムヤムチャーハン
恐らくタイラーメンのトムヤム味からの派生メニュー。
トムヤムクンなどを作るときに使う材料をそのままチャーハンにブチ込んだものなんだけど、これがかなり美味しい。
トムヤム味とチャーハンを一緒にしたら、こんなに美味しくなると発見した人はエライ(^-^) http://snapdi.sh/d/45Xe4a
余談だけど、タイ料理初心者が大抵迷うのが、「食べられない野菜」の存在。トムヤムクンとかにもバイマックルート(こぶみかんの葉)とかタクライ(レモングラス)、カー(なんきょう)など、そのままかぶりついてもゴリッとなる食材が結構入っているので…。
結局、正解はなくて「食べても、食べなくてもいい」としか言えないんと思う。バイマックルートなんかはイサーンでは素揚げにして喰ったりするし、体にいいと言われる。レモングラスも、成長しきったやつは固くて食べられないけど、採れたての「新じゃが」ならぬ「新レモングラス」は、まあ喰えなくもない。「ヤム・タクライ」って料理もあるぐらいだしねぇ。でも、カーをぼりぼり喰うって事はあんまりないかな…
と思って調べたら、ยำข่าอ่อน(新なんきょうのヤム)って料理もあるんだ!!
Σ(´∀`;)
ところで、カオパットトムヤムって、昔は無かったメニューのような…。昔、大学生時代に初めてタイに来たとき、これを喰った記憶が無い…。っていうか10年前タイに住んでた頃にも無かったような… 
う〜ん、気付かなかっただけなのかな??(;´∀`)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA