バンコクの忙しい朝にぴったり!『サラダロール』

สลัดโรล サラダロール
ライスペーパー巻きサラダ

バンコクの朝の通勤風景は、日に日に東京のそれと変わらなくなってきている。ラッシュ・アワーの時間帯にBTSに乗ったら、人でいっぱい。延伸計画とかあるけど、延伸計画が全部実現したら、サヤームあたりは人を捌ききれずパンクしちゃうんじゃないだろうか。

もちろんBTSだけじゃなく、駅沿いの道も歩いている人がけっこう多い。


そんな中にも商機を見出すのがタイランド。この、ラッシュアワーの時間帯に限ってのお店っていうのが開いている。夜は夜でまた全然違う雰囲気になるのだタイの面白いところだね。


朝のラッシュアワーの時間帯。こんな感じで朝専門の屋台が出ている。ここで多いのが朝飯需要に対応するお店。オレンジジュースやパンなど、いろいろなものを売っている。ここで昼ごはんに食べるタイカレーなんかを買う人もいる。


せっかくだし自分もひとつ…と思って、目についたのが「サラダロール」。
タイ文字を見て見ると…、「サラダロール・ハイドロプロニック(ス)」…かな?

あとで調べて見たら、正しくはハイロポニックス(Hydroponics) つまり、水耕栽培ってことらしい。土を使わないで、水と肥料を溶かした溶液だけで育てた野菜を使ってますよ〜ってことだね。

…何気ないお店に意外と使われているハイテク!! 笑 バンコクの路肩販売、侮れないねぇ。


で、買ってみたのがこちら。ちょっと照明で画像が黄色くなっちゃったけれども。
見た感じは、今まで紹介した「巻き巻き系タイ料理」と、あまり変わらないね。


開けてみて、よく見てみた。
中身は非常にシンプル。レタスと人参とキュウリ、それからムーヨー(タイのソーセージ)をライスペーパーで巻いたものだということがわかるね。


一緒について来たタレは、タイ風なものではなく日本でも売ってる練りごまドレッシングだった、
パクッと食べてみると…まさにサラダ! 見た目もきれいだし、気軽にパクパク口に運べるのがいいね。

こういうふうにライスペーパーを使ってサラダを作るって、日本にはあんま無いような気がする。東南アジアで生まれた洋食?と言えなくも無い。
タイ料理じゃないけどタイ料理っぽい一品だった!!

サラダロールの作り方動画

店名      : なし(路肩販売のため、再訪できるかどうかはわからない)
営業時間    : 朝のラッシュアワー時
この料理のレア度 : ★★☆☆☆☆(日常食)
お店の場所   : BTSプロンポン駅前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA