【京都のタイ料理屋】阪急西院駅近く「創作タイ料理パッタイ」で食べた『パッタイウンセン』

京都のタイ料理屋もひさしぶり。今回は普段あんまり行かない、西のほうの地域を攻めてみた。

西院駅から歩いて徒歩5分程度のところに「創作タイ料理」と「パッタイ」を売りにするお店があると聞いて、行ってきたよ。
その名も、「創作タイ料理 パッタイ」(そのままやね!)

パッタイを売りにするお店は今まであまり京都にはなかったような??気になったので、行ってみたよ。


到着!佇まいはタイ料理屋としてはけっこうオーソドックスな感じ。
このあたりはあまり歩き慣れてないということもあるけれど、西院駅からしばらく歩くと、思った以上に駅から離れている感じがした。
GoogleMapを見ながら道を歩くと、飲食店もそんなに無い道を歩くこととなった。
ホンマにこの道でいいんかな?と思ったその時に、お目当てのお店の明かりが見えてホッとする。

そんな感じだから、平日だしお店もすいているのかな?と思って店内に入ると、なかなかどうしてお客さんは結構いた。
このあたりの晩飯需要をガッツリ掴んでいる感じだね!ゆっくり食事を楽しんでいる人が多い気がした。


とにかくメニューを見てみよう。気になったのはやはり…パッタイ!

でも、どうやらイチオシは普通のパッタイではなくて、春雨を使った「パッタイウンセン」のようだった。

また、「創作タイ料理」と銘打つだけあって、ちょっと目先の変わった料理も充実。
その中でも気になったのが「スパゲッティーガパオ」。

タイ本国だとステーキ屋の「ジェファー」とか、ちょっと洋風な食事ができるお店で見かけるメニューだけど…。日本のタイ料理屋ではあんまり置いてないかも。

これはもう食べてみるしかない!というわけで注文してみた。


タイ料理屋へ行ったら当然頼むビールもタイのビールだよね。

というわけでビールはシンハ! 笑

自分はお酒飲まないので、自分が頼んだわけじゃないんだけどね〜。

しばらく待っていると出てきたのが…こちら!パッタイウンセン。
マナオではなくて、レモンが添えられているのが日本!って感じするね。

シンプルに美味しそうなパッタイだなあ。

麺を持ち上げて写真をパチリ。大きめのエビさんも入っているね。

パクッと食べてみた。うんうん、想像以上に麺がパリッと焼き上がっていて美味しい。

日本のタイ料理屋で麺料理を頼むのって、躊躇してしまうことが多い。
現地の材料を使っていても、乾麺の戻し方が悪いのか炒め方が悪いのか、よくわからないけどとにかく麺が美味しくないお店が多いのだ。

しかしこのお店のパッタイウンセンは、パラリとしていて上手に炒まっている。食べた感じ、現地のお店とさほど変わらない。

オーソドックスなセンレック(タイの幅細米麺)のパッタイもいいけれど、ウンセン(春雨)のパッタイもなかなか美味しい。
春雨は日本でも現地と同じものが手に入りやすいし、お店の経営にも優しいかもね。

パクパクペロッと頂いた!

続いてやってきたのが「スパゲッティーガパオ」。

おお!なんか想像していたのと見た目が違う!

なんだかスパゲッティーボロネーゼみたいだけど、当然トマトソースではない。そして、写真ではあまり見えないけれどガパオの葉っぱもしっかり入っていた。


麺をライズアップ!

もうちょい麺が硬めの方が好きだけれど、ちょっと懐かしめのスパゲッティーの食感が、逆にタイ料理には合うのかも。(現地のスパゲッティーも
昭和っぽい優しい食感のものが多いしね。)

「日本人向けにアレンジしています」とホームページには書いてあったけど、確かに辛さは控えめだけれど十分本格的なタイ料理が楽しめるお店だった。

京都の実家からはちょっと遠いところにあるお店なので、なかなか再訪は難しいかもしれないけれど、西院駅近郊に住んでいるタイ料理ラバーの皆さんには
お勧めしたいタイ料理屋だと思った。(^^

お店の場所と地図

店名:創作タイ料理 パッタイ
営業時間:月・水・木・金 11:00~15:00/17:00~21:00
土・日 11:00~21:00
定休日 火曜日
阪急西院駅から歩いて5分くらい。

The following two tabs change content below.
『街かどタイ料理』管理人MSD
2011年、タイ在住の頃にブログを開設。現在は日本に帰国し九州地方に生息中。(実家は京都なので、京都のタイ料理屋を巡るのも趣味。)現在も年に1回はタイに遊びに行き、美味しいものを食べ歩いている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)