タイで一番大きいお菓子?『カオクリアップワーウ』

P1070024.jpg

ข้าวเกรียบว่าว カオクリアップワーウ
凧煎餅
土日の昼下がり、町を歩いていると結構な高確率で「カオクリアップワーウ」を売り歩くおじいちゃんおばあちゃんの姿を見かける。天秤屋台を担いで売り歩く、タイの中でも最も簡素な行商スタイルだ。
「カオクリアップ」は、要は平べったくってパリっとしたお菓子のこと。「ワーウ」は凧。「カオクリアップワーウ」というのは、要は凧の形をしたお煎餅という意味だ。気になったので買ってみた。

P1070003.jpg
平べったくって、かなり大きい!

袋の中にはどうやら2枚入っている様子。落ち着いた場所に移動して開封してみた。

P1070020 2.jpg
開封!…机の色と同化してしまって、なんだかよくわからないな…。

手のひらより二回りぐらい大きい感じ。大きいけど、結構脆くて強く持つとすぐに割れてしまう。食べてみると予想外にさくさくしていて、ほんのり甘くてすうっと口の中で溶けてゆく。もっとゴワゴワしてるのかと思っんだけど、予想と違い優しい口当たりだった。初めてなのにどこかで食べたことのある、懐かしい味。
作り方を調べてみた。餅米とうるち米(日本米に近いタイプ)に、砂糖・サトウキビの糖蜜を混ぜあわせ、餅をつく要領でつく。しっかり突けたら台の上でのし棒を使って伸ばして、炭火で焼く。そのままだとひっつくのでココナツオイルと卵黄を混ぜた液体をつなぎにして伸ばすらしい。動画を見てみると、焼くときに使う道具が「はぼき」みたいな形をしていて、結構独特。下に動画をリンクして貼っておく。いつか実際に焼いてるところを見てみたいなー。

次回は12月12日ごろ更新できるよう、がんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA