たまーに見かける中華風あんかけ麺!『ゴイシーミー』

P1000957.jpg

โกยซีหมี่ ゴイシーミー
中華風あんかけ麺
以前にも紹介した「パッタカーンジェッキー」で食した料理。
あんまりメジャーじゃないけど、麺料理やで炒め物を扱っているお店で時々扱っている。
その料理の名は、「ゴイシーミー」まあ、ありていに言えば「中華風あんかけ麺」かな?

P1000959.jpg

写真があんまり代わり映えしなくて、申し訳ないんだけど。(^^;
「ゴイシーミー」っているのは、たぶん中国語だと思う。中華系タイ料理は潮州由来の食べ物が多いんだけど、この料理は広東由来の料理。香炒面(コウシャンミェン)が訛ってゴイシーミーになったようだ。
ゴイシーミーはセンミーをから煎りして上から具材をかけたものと、写真のようにミークローブ(揚げ麺)の上に具材をかけたものと、2種類あるらしいんだけど、写真のような揚げ麺(堅焼きそば)のバージョンの方をよく見かけるかな。
センミーをから煎りして、具材をいっしょくたに混ぜて中華風焼きそばにしたものはパットミーホンコン(ผัดหมี่ฮ่องกง)って呼ばれることが多いと思う。
広東由来の料理なので、日本人には非常に馴染みやすい…。まんま、日本で食べる「かた焼きそば」と同じような味だと思って貰えばいいかも。(^^

P1000963.jpg

器に取り分けて食べてみた。
うん!間違いない美味しさやね。…まあ、タイ料理を求めて食べたら、(タイ料理っぽい要素があまりないので)ちょっとがっかりするかもしんないけど。上にかかっている餡は、小麦粉じゃなくて恐らくタピオカ粉を使っているのだろう。あっさりしていてタイらしいとろみだった。 ブタ肉も上手に処理されていて、ツルンとした食感。油っこくなく、完成度高いゴイシーミーだった!
โกยซีหมี่
例によってFoodtravel.tvの作り方動画もアップしておく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA