【京都のタイ料理屋】七条大橋西詰「キンカーオ」で食べた『ガイパットメットマムアン』

2015-02-18 13.01.12 (2).jpg

ไก่ผัดเม็ดมะม่วงหิมพานต์ ガイパトメトマムアンヒムマパーン
鶏肉とカシューナッツの炒めもの
せっかく日本に住んでいるので、「食レポ」の記事を増やそうとしている今日この頃。
今は大分に住んでいるけど、実家は京都。意外と関西のタイ料理屋を紹介するブログは少ないので、充実させていきたいと思う。
そんなこんなで、今回訪れたのは京都市東山区七条大橋西詰にある「キンカーオ」というお店。
ちなみに…キンカーオกินข้าวというのは「ご飯を食べる」という意味。

2015-02-18 13.40.25.jpg

京都の食レポ記念すべき第一弾がココなのは…実家から近いから。 笑
七条通り近辺って、学生も結構住んでいるけど意外と外食できるところが少ない。ランチの時間帯に行ってみたけど、結構にぎわっていたよ。

2015-02-18 13.27.43.jpg

お店の内装は、なんというかよくある「タイのみやげ物屋風デザイン」のお店。
座敷になっていて結構ゆったり落ち着ける。
注文したのは、「本日のランチ」。ガイパットメットマムアンだった。
あんまりタイ料理っぽくないメニュー(おんなじモノが中華にもある)だけど、お得なお値段だったので頼んでみた。

2015-02-18 12.59.08 (2).jpg

メインがやってくる前に、サラダ・海老煎(カオクリアップ クン)等が出てくる。デザートもついてるよん。

2015-02-18 13.01.32.jpg

どどん!ガイパットメットマムアンはこんな感じ。オプションの目玉焼きもつけてもらった。
「メットマムアン」というのはカシューナッツのこと。これは略称で、正しくは「メットマムアンヒムマパーン」と言う。

2015-02-18 13.04.23.jpg

パクっと一口。うんうん、タイ現地の味と変わらない、安心の味付け。まー、この料理は日本で普通に売っている材料で作れちゃうからね。家でもよく作って食べマス。
本場と変わらない味付けのタイ料理が、いろいろついて1000円ちょっとで楽しめる。これはかなりお得なのではないか。リーズナブルだったのでとっても満足!だった。
もうちょいタイならでは料理を頼めばよかったかなー、とも思ったけどね。
このお店、タイ野菜を自家栽培しているので野菜がとってもおいしい。タイ料理の味わいの半分は野菜の味だと思う。今度はグリーンカレーとか、頼んでみようかなぁ。

2015-02-18 12.54.14.jpg

窓際のお席だったので鴨川がよく見えた。(^^

関連ランキング:タイ料理 | 七条駅清水五条駅京都駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA