関西の定番オムライス屋「ポムの樹」。タイ限定のオムライスは『ガパオムーサップ』!


ข้าวห่อไข่ผัดกะเพราหมูสับ カオホーカイパッガパオムーサップ
豚挽肉バジル炒めかけオムライス

タイに行って、楽しむものといえば当然タイ料理なんだけれど、「日本でおなじみのお店が、タイではどんなメニューを出しているのか」も当然興味が出るわけで。

以前は限定メニューを見つけては、いちいち報告していたんだけれど、タイに進出する日本のレストランチェーン店が多くなりすぎて、そうしたメニューも珍しくなくなってしまい、紹介しなくなっちゃった。

もはや「トムヤム◯◯」とかぐらいじゃあ全然満足しないのだけれど、それでもやっぱりきになるお店の気になるメニューというのはあるわけで…。


やってきたのは…お馴染み、「ポムの樹」のエム・クオーティエ店。
えーと、もしかしたら「ポムの樹」ってナニ?って人もいるかもしれないけど…。関西だとかなりメジャーなお店かな。

「ポムの樹」は関西圏を中心に店舗展開している、オムライス・チェーン店。関東にもお店はあるみたいだけど、本店は大阪らしいので関関西人のほうがより親しみ深いかも。関西のちょっと大きいショッピングセンターには当たり前のようにある存在やね!

そんな「ポムの樹」のタイ進出第一号店が、このエム・クオーティエ店。開店当初は明らかに隣の「ボンチョン・チキン」の方が大流行していて目立たなかったけど、ボンチョン・チキンの人気がひと段落してきたこともあって、存在感が増してきた…気がする。


こんなゆるキャラ日本にいたっけ?勝手ながら「ポムの樹くん」と命名しよう。笑


タイの「ポムの樹」のメニューを見ていると…。日本の構成とはだいぶ違うな…。「チキンナゲット+オムライス」のような、揚げ物と一緒になったメニューが多い。そして、個人的に気になったのが、こちらの「豚挽肉ガパオ炒めかけオムライス」!

うーん、オムライスって日本だとベシャメルソースとかチーズとかクリームとか、ふらとろっとしたものがかかっているイメージが強いけど、まさかのストロングスタイル!肉+辛旨!!

セットについてくる飲み物がコーラフロート一択っていうのも解せないけど…。これは注文するしかない!!


ガツンと出てきたのがこちら。コーラフロートのボリューム感が何気に凄いな!生ビールぐらいの立ち位置かな?
写真のとおりの見た目で満足。メインのガパオ+オムライスも、なかなか美味しそう〜。

見ての通りの肉々しさで、ガパオもガッツリ入っている。流石ガパオライスの本場!タイ料理が好きなら、これは断然アリだよな〜。


パクッと食べてみた。「オムライス」という言葉が醸し出すゆるっとふわっとやさしーいイメージからは程遠い、骨太な味わい。
ガッツリガパオ。当たり前に辛い。そこらへんの食堂で作られている「ガパオライス」と遜色ない味わいだ。しかし、辛いけどオムライスのふわっとした食感と生クリーム風味豊かな卵の味わいが、ガパオの濃い味わいをいい感じにまろやかにしてくれる。うん!これは結構合うかも!!

日本の洋食とタイ料理が出会ってひらけた新境地!!

この「ふわトロ卵」はどうやら最近地味にタイ(バンコク)で流行っているみたいで、この後も色々なお店で邂逅するのであった…。

お店の場所と地図

店名: Pommu-no-ki(ポムの樹)
(メニューは変更されている可能性があります。)
営業時間: 10時~22時 無休
エム・クオーティエ 地下一階 フードコート近くのレストラン街

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA