あのタイの名店が遂に九州上陸!「ガイトーン福岡」で『カオマンガイ』を食す

image.jpg

ข้าวมันไก่ カオマンガイ
タイ風蒸し鶏ごはん
去年の8月ぐらい?に、突如入ってきたビッグニュース。
タイでカオマンガイの老舗として営業してきた「ラーン・ガイトーンプラトゥーナーム」が、ななんと東京に支店をだすというビッグニュースだった。
残念ながら東京まで行く機会もないので、気になってはいたものの当然お店へ行くこともなく…。
しかし、どうやらこのお店、東京のみならず全国展開!を考えているらしい。つい先日、九州福岡に2店舗めがオープン!したと聞いたので行ってみた。

image.jpg

「タイの本店では従業員全員がピンクのポロシャツを着ていることで有名なこのお店。
現地では、たまたまおそろいで買ったポロシャツがピンクだった…くらいのさりげなさだけど、日本のお店ではピンクを全面的にアピール。^_^
新しくできたニワトリの意匠も可愛らしく、ブランド構築頑張ってます!といった感じだ。
お店のコンセプトは現地の雰囲気そのままに…ってことで京都の「タイキッチン パクチー」に似てるかな?

image.jpg

メニューはサイドメニューがいくつかあるけど、メインのメニューはカオマンガイのみ!持ち帰りもできるらしい。
早速普通盛りを頼んでみた。

image.jpg

どどんと登場。何故か山盛りのパクチーが付いてくる…。
最近、パクチー山盛りをウリにするお店が増えてきているので、その流れかな?

image.jpg

これが普通盛り。これでもタイの本店のものと比べると、かなりボリューミー。
でも日本だと普通のサイズかな。
ちょっと気になったのは盛り付けで、細かいお肉をガッツリのっけた感じになっている。
脂がてらてらしていて、鶏脂が苦手な人はちょっと引いちゃうかもね。
ちなみに、タイの本店で撮った写真がこちら↓↓

image.jpg

カオマンガイは、適量に切った鶏肉を中華包丁でバンッと叩いてちょっと平べったくして、それをご飯の上に盛るんだけど、その辺の感覚がまだ試行錯誤中なのかも知んない。

image.jpg

ガッツリタレをかけて、パクッと一口。うん、イイ!( ・∀・)!!
味は現地で食べるものとほぼ遜色ないと感じた。
一口食って、「あれ?」と感じたのは意外にもパクチー。なんか風味がかなりマイルドで、パクチーなんだけどミツバみたい…。日本の風土で育つとこうなっちゃうのか?それとも種類が違うのか…?
なるほどこれなら山盛りに盛っても味の邪魔をしないよね〜。
事前の情報では、お肉がちょっとパサパサと聞いていたんだけど、僕が食べたときはそんなこともなかった。味付けは現地のものとかなり近いし、美味しいしかなりオススメのお店だった!
ただ、お店のある天神パルコ一階は飲食店も多く、かなりの激戦区。カオマンガイって東京では一時期ちょいブームになったけど、地方での認知度はまだまだなのかもね。
周りには常に行列のできるお店があるんだけど、それに比べるとお客さんの入りはちょっと淋しい感じ…。
がんばれカオマンガイ!!

関連ランキング:タイ料理 | 天神駅西鉄福岡駅(天神)天神南駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA