まさかの「かっぱ寿司」でタイ料理!!タイの汁なし麺『バーミーヘン』を食べてみた。

このブログで、なんども書いてきたことがある…。

それは、タイでバミーナームと言えば、ごくごくありふれた料理なのに、なぜか日本では扱っているお店があんまり無いということ。

材料的には「バミーナーム(汁あり麺)」とほとんど同じ、お蕎麦で言うところの「もり」と「かけ」程度の違いなのに、日本のタイ料理屋さんでバミーナームがあるのを見て、「すみません、これってバミーへーンに変更できますか。」と聞いても、

「え、なんですか?メニューにないものは注文できませんけど?」と不思議そうな顔で対応されてしまうこと…。

そんなバミーヘンにとって不遇の時代が、長く日本では続いていたわけだけれど…。時代は変わった!!

最近は暑い季節になると、いろんなお店でタイ料理を限定メニューとして出すようになった。個人のお店だけじゃなくて、誰もが知っているようなチェーン店でも、タイ料理っぽい料理をふわっと出すことが増えてきた。

そして今年は!なんと!あの「かっぱ寿し」がタイ料理を出すと言う。これはいかねば!

どぇえ〜、まさかタイ料理ブログで寿司屋に行くことになるとは思ってもみなかったで!


そんなわけで、到着。地方は車がないとこういう大きいチェーン店に行くのは難しかったりするんだけれど、(幹線道路沿いにあるので)ラッキーなことにかっぱ寿司はバス停から徒歩圏内だったよ。


店に入ると、一人だったのでまず「カウンターでもよろしいですか?」と聞かれたけど、写真を撮りたかったのでテーブル席を希望。
注文用のパネルを見ると…。あったよ!「本格!バーミーヘン」というのが。

早速注文!

それにしても、かっぱ寿しはサイドメニューが充実しているね。ラーメンだけで4種類もあるのか!多すぎない!?

他にもチーズハンバーグとかフォアグラ入り茶碗蒸しなんてのもあった。


注文しても、麺類は到着までにちょっと時間がかかるみたいだね。その間、流れるレーンを写真撮影してみたり…。


そりゃもう寿司屋なんで、お寿司もモリモリ食ったりしていたんだけど、そうこうしているうちに、、、


キタ!これが、「本格!バーミーヘン」(^^
うーんまあ、見た目はタイで食べるのと、だいぶ違うよね。現地のバミーヘーンはなんというかもっとこう、地味だもんなぁ。

バミーヘーンにパクチーってのってたっけ?よーく考えてみると、確かにのっていた。現地では細かく刻んでスプーン小さじ一杯ぶんくらい?かけるのが普通だもんね。

でもまあ、日本のかっぱ寿司で、タイ料理を知らない一般大衆の皆様に食べてもらうためには、このくらいの色合いと派手さがあったほうが適当なんだろう。


もういちど、ややアップで。中に、どろっとひき肉が入っているのも、オリジナル要素かな?お店によっては現地でもひき肉を使っているところもあるけど、それはあくまでも「隠し味」的なモノ。細い麺にチャーシューやらワンタンやら、ルークチンなんかが入っていることが多いかな。


そして、上にいっしょにのってきた、レモンを絞って食べる。これも現地だと、クルアンプルンっていう卓上調味料を入れて味を調節するけど、レモン汁(現地だとマナオ汁)は使わないよね。酢とか粉唐辛子を入れるのが普通かなあ。


でもまあ、細かいことはええんや!材料をとにかくぐるぐる混ぜて、ワシワシ食べてみた。

食べてみた感想は…。うん、おいしい!レモン汁とパクチーの風味が強いせいで、バミーヘーンというよりは、若干ヤムウンセンにも近い味になっちゃったような気がしないでもないけど。それでもふわっと感じたピーナッツは、現地のバーミーナームの味を思い起こさせてくれた。

ちょっと多すぎかも?と思った豚ひき肉は、日本の極太麺と絡めるときちんと隠し味的な立ち位置に…うーんそれよりももうちょっとだけ主張が強かったけど、まあ違和感はなかった!

惜しむらくは現地のバミーナームはもうちょい揚げニンニクの風味と豚脂の風味が効いていたと思うんだけれど、それらがお椀からは感じられなかったこと、くらいかなあ?

結構美味しいというのが正直な感想だけれども、同時期にメニューにある「一幻」のえびそばとか、「スープカレーラーメン」のほうが訴求力あるかもしんないな…。


サイドメニューには「追いパクチー」というのもあったので、パクチー好きの人はパクチー追加もできるみたい。(^^

サイドメニューには「パクチー揚げ餃子」なるものもあったので、それも注文してみた。

フツーに揚げ餃子+パクチーの取り合わせだったよ!(^^

いやあでも、かっぱ寿司ってこんなに美味しかったんやねぇ。
一応ブログの立ち位置が揺らいじゃうので、お寿司の写真はあまり載せなかったけど、むしろお寿司の方を食べまくり!

寿司屋なんだから当たり前か!

結局この日は昼飯に三千円くらい使ったのでした。

お店の場所と地図

The following two tabs change content below.
『街かどタイ料理』管理人MSD
2011年、タイ在住の頃にブログを開設。現在は日本に帰国し九州地方に生息中。(実家は京都なので、京都のタイ料理屋を巡るのも趣味。)現在も年に1回はタイに遊びに行き、美味しいものを食べ歩いている。

LINEで更新情報をゲットしよう!!

友だち追加

LINEアプリの友だちタブを開き、画面右上にある友だち追加ボタン>[QRコード]を タップして、コードリーダーでスキャンしてください。

友だち追加

2 件のコメント

  • 私も今日食べました!!
    美味しくて2杯も!!
    ブログ楽しかったです!
    共感できる人がいて嬉しかったです!

    • はじめまして。コメントありがとうございます!
      そうですね!タイのバミーヘンとはちょっと違いましたけど、これはこれで美味しいと思いました。

      日本のフツーのチェーン店で、比較的マイナーなタイ料理が売り出されるようになった、と言うだけで幸せです!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA