これぞタイの伝統菓子!ココナッツの風味が広がる『カノムソッサイ』

Clip-#31.jpg

ขนมสอดไส้ カノムソッサイ
ココナッツあんこ詰めお菓子
伝統的だけど、さりげなくて、ふと街を歩けばどこかで売っている。そんな食べ物。
そういうのをタイの街角でみつけた時、自分の中の探究心が頭をもたげる。
これ、なんだろ。どんな味なんだろ?食べてみたい!
買って食べてみると、結構おいしい。なのに安い。なんだかすごくお得なものを「発見」したかのような、そんな気持ち。
タイの街角って、発見でいっぱいだ。
そんなことを想いながら、書き始めたこのブログ。始めてみるとマイナー料理紹介みたいな感じにどんどんなっていってしまった感はあるけど、要は「街でこんなもの見つけたよ!」っていうのをブログにしてみたかったんだよね。
で、今回の料理。カノムソッサイ。タイにいる時何気に歩いていて、道すがらに見つけたタイの伝統菓子。
これぞブログの原点ってやつやね!

Clip-#29.jpg

バナナの葉をピロッとめくると、中から白い水羊羹をもうちょっと柔らかくしたようなお菓子がコンニチハ。
上新粉とココナッツミルクを練って作られたもので、ぷるるんとしている。

Clip-#30.jpg

中にはココナッツファインとヤシ砂糖で作った餡子が入っている。
全体的にある、ほのかな塩気が特徴かな? タイのお菓子って日本のお菓子より塩気のあるものが多い。
やっぱ暑い国やからね。スイカに塩をかけて食べる、あの感じの味がみんな大好きなのよ。
いつも思うんだけど、タイのお菓子って作るのに取っても手間暇かかかって、見た目も綺麗なのにどうしてこんなに安いんだろ。 お菓子職人っていうのもあんまり尊敬されそうじゃないし。タイのお菓子の地位向上委員会を立ち上げたいなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA