カニ肉と、麺。至高の逸品!『バミーヘンプー』

P1000941-2.jpg

บะหมี่แห้งปู バミーヘーンプー
汁なし麺の蟹肉入り
以前紹介したお店「パッタカーンジャッキー(ภัตตาคารจ๊ากกี่)の写真がまだまだ残っているのでサクッと放出。
放出っていうても「はなてん」ちゃうで!(←大阪ネタ)
「プー(蟹)」というのは魅惑の響き。なぜならカニ肉は屋台の料理の中でもちょっと高いから。
しかしながら、パッタカーンジャッキーではバミーヘーンといえば具材はほぼ蟹肉で、それ以外置いていない。潔いね!

P1000941-2.jpg

まさにシンプル! 日本のラーメンは複雑になりすぎて、こういうシンプルなビジュアルのメニューってなくなっちゃったよね。

P1000951.jpg

惜しげも無く投入されているカニ肉。綺麗にほぐされていて、見た目も良い。

P1000955.jpg

バミー自体のチュルチュル感もまさに理想的!味わいはタイ料理、というより潮州料理の王道を踏んでいて非常に薄味。蟹肉がほんのすこし塩っぽく感じるけど、この塩気は蟹肉がはじめからもっているもの。蟹肉本来の味わいが楽しめる。
なかなか贅沢な気分になれるバミーヘンプーだった!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA