白いセンマイが美味しそう!『ヤムパーキーリウ」

P1040615.jpg

ยำผ้าขี้ริ้ว ヤムパーキーリウ
白センマイのヤム
日本にも『バフンウニ』っていうのがあるけど、タイ料理の名前は可笑しいものが揃い踏み(^^
一番よく使われる、ちっちゃい唐辛子も「プリックキーヌ(ネズミの糞の唐辛子)」だしね。
そのほかにも、今までブログで紹介したのだと…。
カイルーククーイ(娘婿の卵)
カイイヤウマー(馬の小便卵=ピータンのヤム)
スアロンハイ(虎が泣く)
なんてのがあった♫
で、今回の料理の名前は「ヤムパーキーリウ」。
パーキーリウってタイ語で「雑巾」って意味なんだけど、ここではセンマイのこと。
うーん確かに…。センマイのちょっとシワシワな感じって雑巾みたいかも。
って、雑巾って単語を食べ物に名前につけるって…斬新か!(←関西的つっこみ)

P1040619.jpg

スプーンで掬ってみた。ガッツリ!センマイやね。
センマイって言っても焼き肉ホルモンが苦手な人はピンとこないかもしれないけど、牛の第3の胃のこと。
焼肉でも大好きなので、必ず食べるかも。

Clip #16-3ยำผ้าขี้ริ้ว.jpg

でも、日本の焼肉屋のセンマイは…もっと色が灰色なはず。
これは、タイのセンマイは湯むきしているから。
もともとセンマイって灰色なんだけど、湯むきするとこういう綺麗な白色になるらしい。
タイのほうが一手間加わっているんやね!

P1040618.jpg

パクッとひとくち。名前はヤムだけど、味付けは完全にラープだった。
白いセンマイは、灰色のものよりちょっと柔らかくて口当たりがいい。
どっちかというと白センマイの方が美味しいと思う。
日本でも、
白いセンマイ出したら結構受けると思うけどなぁ。
特に、刺身にするなら白のほうが向いてると思う〜。
日本の焼き肉屋さん、お願いしやすっ! 笑

2 件のコメント

  • 黒いセンマイって見た目が悪いので嫌いな人もいますからね。
    白の方が見た目も良くていいかもしれませんね^^

  • 焼肉でも大好きな部位のひとつなんですけど、
    あの見た目で敬遠している人、多そうですもんね~。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA