上海の麺ってナニ?『ヤムセンシャンハイタレー』

P1000198_1.jpg

ยำเส้นเซี่ยงไฮ้ทะเล ヤムセンシャンハイタレー
シャンハイ麺のヤム 海鮮入り
チョンブリーのセントラルプラザ。普段入るときは大きく広いスキンビット通り側の入り口から入ることが多かったけど、裏側の出入り口も結構な人の出入り。店の裏側は新興住宅地で、ゴンゴンガンガンとアパートやムーバーン を作っている真っ最中だった。
そんな「これから住宅地が出来ますよ!」という雰囲気の街中で、早くもオープンしていた綺麗な喫茶店兼レストラン。そこで注文したのが「ヤムセンシャンハイタレー」だった。

P1000199_1.jpg

「センシャンハイってナニ?」という疑問はごもっとも…。レストランでもあんまり見かけないよね。
センシャンハイっていうのは春雨の原料で作った幅広麺のこと。クワイジャップみたいにくるっと丸まってるのが特徴だ。
ちなみに、外国人観光客の間でも有名な「キャベッジーズアンドコンドームズ」(AIDS撲滅のためのNGOが運営しているお店で、店中にコンドームで飾られている)の名物料理、「ヤムコンドーム(ยำถุงยาง)」で使われているのもこのセンシャンハイだ。
緑色の色がついているものが多いんだけど、ここのお店のはそのままの白色だった。

P1000209_1.jpg

食べてみた感じは、プルッとした食感が面白い。海鮮との相性が良くて、ヤムで食べることが多い気がする。
バンコクで良く見かけるヤム専門のチェーン店「Yum Saap」にもあるらしい!
すぐに食べに行ける人は試してみてくらはい。(^^ 


別の動画では、キーマオの味に炒めた「センシャンハイパットキーマオタレーเส้นเซี่ยงไฮ้ผัดขี้เมาทะเล」の作り方も紹介していた。食べてみたいな〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA