野菜を巻き巻きした生春巻きみたいな料理『クイッティアウルイスワン』

Clip #24 2.jpg

ก๋วยเตี๋ยวลุยสวน クイッティアウルイスワン
ミックス生野菜の米麺巻き
日本のエスニック料理?がウリの居酒屋なんかでありそうなメニュー。
「ルイスワン」というのは「庭を駆け抜ける」みたいな意味で、これだけ聞いても?なんだけどミックス野菜を使った料理のことをこういう風に言うらしい。
(植物園みたいなところでいろんな種類の植物が植えてあって、じっくり見てたら時間が足りないから、急いで駆け抜けて見回る…みたいなイメージかな?)

Clip #24 3.jpg

日本だと迷いなくこれも「生春巻き」ってことになりそうだけど…。
タイではこんな感じの似たような料理が結構たくさんあって、わざわざ呼び分けている。
生春巻きはタイ語で「ポピアソッドเปาะเปี๊ยะสด」だけど、タイ(バンコク)で言う所の生春巻きはこんな料理。

Clip #26.jpg

この料理、頼むと大抵タレが付いてくる。つけて食べるのが正しいんだろうけど…ドバッとかけてしまった。いや〜王将で餃子喰うときもこうやってドバッとタレをかけちゃう無精者なもので。
クイッティアウルイスワンのタレは、緑色でプリックキーヌーがベースになってて、結構辛い。
辛いものは平気だし、こんなの実際たいしたことないよなと思ってドバッとかけたんだけど…
結っっ構辛いな…。(汗
ところで、ここのお店はこんなものも売っていた。

Clip #2.jpg

クイッティアウ「チョム」スワン???
「ルイ=駆け抜ける」「チョム=鑑賞する」
なんか対になってる様なんだけど、言葉だけ聞いても違いがはっきりしない…。

Clip #3.jpg

「きつね」と「たぬき」みたいなもんかな〜〜??
タイ人に「この二つってどう違うの?」というのを聞いてみたけど、いまいちよくわからなかった。このブログ書く前にデータをチェックしてみたら、ななんと偶然にも、「この二つってどう違うの?」と聞いている様子がビデオに収まっていた。繰り返し内容を見たところ、どうやら「ルイスワンは強いイメージで、チョムスワンはマイルドなイメージ」らしい。
ビデオを見ていると、はじめは「チョムスワンは(ゆっくり鑑賞できるわけだから)野菜が少なめ」みたいな事を言っていたんだけど、僕がなかなか理解しないうちに内容が変わって、「ルイスワンは辛いけど、チョムスワンはゆっくり鑑賞するイメージだから辛味が少ない」みたいな説明になっていた。 う〜んテキトー!(^_^ 
うーん、みんな違いがあんまよくわかってないのか…。説明するのがめんどくさくなったのか…。(汗
ちなみに、「クイッティアウチョムスワン」というのは全然一般的じゃない名前で、恐らく料理を売っていたお店のオリジナルの呼び名なのだと思う。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA