過去との邂逅『ゲーンチューサーラーイ』

IMG_3737.jpg

แกงจืดสาหร่าย ゲーンチューサーラーイ
海苔の薄味スープ
久しぶりの更新だけど、別に忘れていたわけではなくて…
このブログ、ご覧になってる方はお気づきかもしれないけど、「毎回新しい料理を紹介する」っていうのが基本コンセプト。(そうじゃないのも結構あるな…)
最初のころは写真1枚、コメント1行だったし…写真が消えちゃってるものもあるので初めのころに紹介した料理はまた紹介しなおしてもいいのかなー、とも思うけど。
みんなが知ってるようなキホンのタイ料理はもうずっと前に紹介している…と思いきや、、実は紹介していないって料理が結構ある。ゲーンチューサーラーイもそんな料理のうちの一つ。
ゲーンはまあ、カレーとか汁物全般の意。ゲーンジューは「味の薄いスープ(ゲーン)」って意味になるけど、初めて食べるときは辛くはないけど味濃いやん!と思った。
IMG_3739.jpg

ゲーンジューに入れる具はいろいろなものがあるけど、僕が一番すきなのは海苔(サーラーイ)。タイに行く前は、海苔ってご飯と一緒にパリパリ食べるイメージだった。汁に浸された海苔ってぼやけた味で何喰ってんだかよくわかんないというイメージだったけど、タイのゲーンジューの海苔は濃厚。スープの中でも海苔って主役に慣れるんだなーと、驚かされたインパクトある一品だった。
IMG_3740.jpg

そんでもって豆腐。最近は卵豆腐を使っていることが多い。
この円筒形のまるーい豆腐も、最初はインパクトあったなー。今はどうも日本でもこのスタイルで売っているらしく、大分のスーパーでお得用豆腐がこの形で売られていた。思わず買ってしまった。
辛くもないし日本のお惣菜にも似た味なので、平凡?と思われがちだけど、ゲーンチューサーラーイってタイ料理として十分インパクトある料理だと思う。
IMG_3741.jpg

スープ用のお椀によそって食べてもいいけど、こういう風に具だけお皿に取り出してご飯と一緒に食べてもいい。タイの一般家庭ではこのスタイルで食べるのが主流かも?
ゲーンチューを初めて食べたのは、初めてタイに住んだとき。ポピュラーな料理だからね。そういえばあんなときこんなときに食べたなあと、料理の味と一緒に昔のことも思い出す。僕にとってゲーンチューは過去と邂逅できる料理なのであった。
例によってFoodTravel.tvの作り方動画もリンクしておくよーん (^o^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA