All Aboutナムプリック第三弾!! 『ナムプリックプララーサップスック』『ナムプリックポンプラートゥー』『ナムプリックマカームパット』

IMG_0851.jpg

ご飯のお伴にもなるし、ディップのように生野菜につけて食べてもいい。タイのお袋の味「ナムプリック」のレシピはお袋の数だけあるといってもいい。全部を紹介するのは無理だけど、できるだけ多くのナムプリックを紹介してみようというこの企画。今回でやっと第3回め。題して、「All Aboutナムプリック」!

ナムプリックプララーサップスック.jpg

ナムプリックプララーサップスック น้ำพริกปลาร้าสับสุก
プララー(イサーン地方の川魚の発酵調味料)に火を通してみじん切りにしたものが入っている…のかな?(名前の通りだとそうなる。)お店のおばちゃんは「臭いよ〜」と言っていたけどそんなことはなく、とてもいい香り。プララーの旨みが辛子と合わさると不思議に香り高くなる。

ナムプリックポンプラトゥー.jpg

ナムプリックポンプラトゥー น้ำพริกปนปลาทู
プラトゥー(アジに似たサバ科の魚)を細かく突き崩して作ったナムプリック。「ポン」というのは「混ぜ合わせた」という意味なので、「プラートゥーを混ぜ込んだナムプリック」みたいな意味かな。魚の風味も魚肉の感じもちゃんとあった。そんなに辛くないし、しっかり魚の味もするのでご飯のお伴にはぴったりかも。

ナムプリックマカームパット2.jpg

ナムプリックマカームパッド มะขามผัด
マカーム(タマリンド)のナムプリック。ナムプリックマカームには、ソッド(生)とパッド(炒め物)の2種類あり、これはまぜた後に炒めたもの。なのでナムプリックマカームパッドになる。
マカームといえば梅干しに似た甘酸っぱい味を思い出すんだけど、このお店のものは酸味無し。甘露煮みたいな甘辛さと、ガピの風味が効いていた。
ナムプリック特集、今回はここまで… だけど、今後もまだまだ続く予定!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA