ブームは終わった?串刺しパン『パンシアップマイ』

P1000096.jpg

ปังเสียบไม้ パンシアップマイ
串焼きパン
流行りものが出てきたな、と思ったら、あっという間に廃れてしまうタイランド。
屋台料理も例外ではない。のんびり商売してるように見えるけど、客を取るか取られるか弱肉強食の世界。
そんな屋台の最近の流行りものは…「パンシアップマイ」だった。要は、ぶっとい食パン?串に刺して、バターをつけて焼いたもの。

P1000097.jpg

売っている店を来かけたので、買ってみた。うーん、バターなのにわざわざ鉄板で焼くんや…。それならバターが溶け出してドロドロになりそうなもんだけど、そうならないように温度低めの凹凸ある鉄板で、頻繁に裏返しながら焼いている… うーん、地味に手間隙かかってるな〜。(^^;

P1000104.jpg

で、買ってみた。出来上がりは意外に美味しそうに見える。どれどれ、味の方は…ガブッ! ガリッ! ん?勢いつけてかぶりついたら、中身の串まで噛んでしまった。パッと見いガブっと行きたい形をしているけど、見た目の印象のままガブっといっちゃうとパンが柔らかいので串まで噛んでしまう。前歯で引きちぎるようにして食べるのが正解?

P1000119.jpg

ちなみに、このパンシアップマイの元祖は、南タイにあるお店らしい。詳細はこちらの記事をチェック。(タイ語)  
で、本体を割ってみると、中身は普通にパン!それ意外何も入っていないナチュラルさ。
う〜ん、なんかちょっと色々損している感じのこの料理。中身にアンコを入れるとか、工夫次第でもっとおいしくて見た目のいい菓子パンになりそうな気がするなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA