これで最後!All about ソムタム ④『タムマムアン』『タムカウポート』『タムポンラマーイ』

ちょっと間が空いてしまった、All about シリーズ。今回でソムタムの紹介は最後。
ラストは「変わりソムタム」ということで、パパイヤを使っていないソムタムを紹介する…!

P1000085.jpg

タムマムアン ตำมะม่วง
マンゴーのソムタム
パパイヤの代わりにマンゴーを使ったソムタム。青いパパイヤが無味無臭であんまりクセがないのに対して、マンゴーの方は青くても若干熟したときの風味が漂う感じ。味わいもやや甘めになる。
どこでも売ってるけど、ソムタムよりヤムにした「ヤムマムアン」のほうがメジャーかもしれない。

Clip #16 3.jpg

タムカオポート ตำข้าวโพด
とうもろこしのソムタム
黄色が映えるソムタム。とうもろこしはイロモノっぽいけどポピュラーな食材で、ソムタムを扱うお店なら大抵メニューにある。ポリポリした食感もいいし、甘みある味わいもGOOD。

P1000229 3.jpg

タムポンラマーイ ตำผลไม้
フルーツのソムタム
パパイヤの代わりにいろいろな果物を使ったソムタム。たいてい入っている果物はリンゴで、他はパイナップル・ぶどうなどお店にある果物が大集合する感じ。写真のソムタムポンラマーイは屋台で注文したのでりんごが主役になってるかな。
食べてみると、ソムタムの甘塩っぱ辛さのなかで、噛みしめると甘い果汁がジュワ~っとやって来る不思議体験。これが結構イケる!!ごはんと一緒に食べるべきか、デザートとして食べるべきか悩むな〜。
いかがだっただろうか。ソムタム特集。他にもタムトゥアファクヤーウ(長豆のソムタム)とか、タムテンクワー(きゅうりのソムタム)とか、タムケ―ロット(にんじんのソムタム)とかもある。機会があったら、いろいろ注文してみたらいいかも!

2 件のコメント

  • ソムタムの奥深さは、日本では体感できないですよね!
    材料が変われば新しい味が開拓できるので、新しい発展の可能性もある料理だと思います! ゴボウのソムタムとか、東京でよく見るぶっといネギのソムタムとか、絶対イケるはずです!
    東京じゃカオマンガイの専門店が結構流行っているらしいですけど、ソムタム専門店も是非オープンしてほしいです!健康ブームに乗っかれれば繁盛するかも?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA