あひるのクチバシを食す!『パークペットヤーン』

P1070067パークペットヤーン.jpg

ปากเป็ดย่าง パークペットヤーン
アヒルのクチバシを焼いたもの
久々の出落ち感? 
日本に住んでるみなさんは、そもそもアヒルなんか食べないし、まさかアヒルのクチバシだけで料理が一品完成するなんて、思ってもみないのではないだろうか。
「パークペットヤーン」は、文字通りアヒルのクチバシを焼いた料理。なんでも食べるイサーン地方の料理の一つだ。パッと見てもこれがクチバシだってわかりづらいけど、たぶんクチバシをタテに二つに裂いて、それを焼いているんだと思う。
どう考えてもアヒル1匹からクチバシはひとつしかとれないので、貴重な部位だよね…。なのでちょっとレアな食べ物のような気がする。
以前はロットケン型の屋台(バイクでひっぱって移動可能なタイプの屋台)でも売っているのを見かけたんだけど、最近は見ないので仕方なくレストランに入って注文。高かった…。
どこまで食べていいかわからないので、骨までバリバリ、むしゃぶりつく。う〜ん、火にあぶられてパリパリになった骨と、そこにくっついているお肉がおいしい〜。
次回は10月4日ごろ掲載の予定です!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA