陛下の魚 『トムソムプラーニン バイマカムオーン』

5148b485a060bd238aa8d7ee.jpg

ต้มส้มปลานิลใบมะขามอ่อน トムソムプラーニン バイマカムオーン
ティラピアのイサーン風スープ
タマリンドの若葉で酸味を効かせている。ティラピアは淡水魚。昔、タイの食料事情がまだ悪かったころ、栄養価が高く、繁殖させやすい魚として日本の今上天皇陛下がこの魚を紹介し、50匹を寄贈した。それが広まった結果、今ではどこでも食べられる魚になった。
当時、天皇陛下はまだ「皇太子明仁親王」だったので、タイでは「仁」の文字をとって仁魚、即ちプラーニンと呼ばれるようになった。
白身の魚はクセもなく、柔らかくて美味しい。酸味の効いたスープにとってもよく合う。(^O^)

The following two tabs change content below.
『街かどタイ料理』管理人MSD
2011年、タイ在住の頃にブログを開設。現在は日本に帰国し九州地方に生息中。(実家は京都なので、京都のタイ料理屋を巡るのも趣味。)現在も年に1回はタイに遊びに行き、美味しいものを食べ歩いている。

LINEで更新情報をゲットしよう!!

友だち追加

LINEアプリの友だちタブを開き、画面右上にある友だち追加ボタン>[QRコード]を タップして、コードリーダーでスキャンしてください。

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA