陛下の魚 『トムソムプラーニン バイマカムオーン』

5148b485a060bd238aa8d7ee.jpg

ต้มส้มปลานิลใบมะขามอ่อน トムソムプラーニン バイマカムオーン
ティラピアのイサーン風スープ
タマリンドの若葉で酸味を効かせている。ティラピアは淡水魚。昔、タイの食料事情がまだ悪かったころ、栄養価が高く、繁殖させやすい魚として日本の今上天皇陛下がこの魚を紹介し、50匹を寄贈した。それが広まった結果、今ではどこでも食べられる魚になった。
当時、天皇陛下はまだ「皇太子明仁親王」だったので、タイでは「仁」の文字をとって仁魚、即ちプラーニンと呼ばれるようになった。
白身の魚はクセもなく、柔らかくて美味しい。酸味の効いたスープにとってもよく合う。(^O^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA