手間暇120% 『カイソンクルアン』

5108003c12949c0a839fc26a.jpg

ไข่ทรงเครื่อง カイソンクルアン
溶き卵の串焼き
ただのタマゴやん!と思うなかれ。実はこれ、卵に穴をあけて黄身と白身を取り出し、調味料を加えかき混ぜたあと、卵液をもう一度卵の殻に戻して焼く、という無茶苦茶手間暇かかった料理なのだ。
当然中に黄身はない。
味は胡椒の効いた茶碗蒸しで、ぷりぷりした食感はカマボコに似ている。
練り物好きのタイ人に好まれる食感だと思う。

2 件のコメント

  • タイに行ったとき、路上で焼卵(殻ごと焼いたやつ)食べた。破裂せんのかなとか作り方が気になった。これはもっと手がこんでてすごいね。しかも串刺し。主

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA